免許合宿に参加することで起きる弊害

subpage01

免許を取る期間が大幅に短縮することができ、なおかつ安い費用になるのが免許合宿の大きなメリットです。
しかしそのメリットを差し置いてもでも、デメリットとして認知するようなこともあります。


メリットばかりに気を取られないで、その弊害についても知ってから参加を検討するようにしましょう。

初めてでもわかりやすい、免許合宿の特徴をご紹介する情報です。

仲間同士で免許合宿に参加することも多いです。



特に学生であればサークルで参加することもあり、その期間は夏休みになることも多いですので、楽しい想い出を作ることができるでしょう。しかしひとりでも補習が必要になるケースになれば、みんな揃って卒業することはできません。



寂しく居残りになり、仲間外れになるケースもあります。運転の得意不得意はやってみないとわからないことも多いですので、そのようなケースがないとは限りません。


ほとんど誰かと接することになりますので、省エネモードで活動したい人にとっては苦行になることも多いのが免許合宿です。
出会い目的のために参加する人もいるくらいですので、授業が終わった後いろいろと誘われることもあるでしょう。

そのような交流が苦手な人は免許合宿は合わないと感じることになるはずです。もちろん補習が発生してしまえば、その分費用も加算されることになります。


このような弊害があることを忘れてはいけません。


長くても3週間ほど、短ければ2週間の参加になりますが、こんな弊害があることについて知っておかないと、後悔をしてしまうことも考えられます。